WebRunner Demos

At XTech, I demonstrated a prototype “webrunner” build on XULRunner. It’s messy code, because we don’t (yet) have a builtin way for a web application to say “this link is an external link that should be opened in the default browser”… so I hacked a greasemonkey-like script to do that. Somebody actually wanted to see my code, so I have posted it in my SVN repository:

GMail in its own process
georgenava.com outliner demo in its own process

Atom Feed for Comments 3 Responses to “WebRunner Demos”

  1. rebron.org » quick post on xulrunner Says:

    […] I didn’t see bsmedberg’s demo but I have played around with Google’s Adword Editor, the Fisher’s Simohealth application, and SongBird. And while Thunderbird, n|Vu, and Sunbird aren’t yet xulrunner apps, they are xul apps and you can see what some of the advantages are.  To put a marketing spin around this, xulrunner kicks Web 2.0’s ass, not even in the same ballpark. dmose has two good posts on this: […]

  2. Mark Finkle’s Weblog » Site Specific Browser - WebRunner Says:

    […] GMail in a XULRunner application: Basic framework running in separate process. […]

  3. TechCrunch Japanese アーカイブ » Mozilla Prism―デスクトップとウェブ・アプリを結ぶかけ橋へ Says:

    […] Mozilla Prismは単一サイト・ブラウザ(SSB)としてはもっとも古いもののひとつだ。 もともとMozilla開発者のBenjaminSmedberのWebRunnerプロトタイプから生まれたものだ。Smedberが2006年のXTechconferenceでMozillaプラットフォームの能力を実証するデモのひとつとして公開した。これを見た別のMozilla技術者、Mark Finkleが大きな可能性があることに気づいてプロトタイプを引き継いで開発を始めたという経緯がある。 2007年10月に、名称を新たにPrismとして、公式の Mozilla Labのプロジェクトが開始された。ウェブ・アプリ開発のための新たな独自プラットフォームを作ろうとするのではなく、Prismは既存のウェブ・アプリをいかにスムーズかつ容易にデスクトップ環境に溶け込ませるかという点に重点を置いている。 […]

Leave a Reply